喜び終えていける命

投稿日:

お釈迦様は「生老病死」と一切皆苦と述べられています。
「人間死んだら終わりよ」「老いも病も死もダメ」ならば、かならず苦しみばかりの
人生の終焉となるでしょう。この問題は避けて通ることができません。
いつかは向き合わなければならないのですが、目を背け、そのような他人を見ると
「あのようにはなりたくないなぁ」と自分とは遠い存在として考えることが多く見受けられます。
「生老病死」すべてが私の命でありながら、その命を耐え難い苦しみとしてみるならば、
その私のいのちでありながら、いのちを粗末にしてしまう恐れがあります。
二度とない人生、やり直しはききません。せっかくの人生、最後まで楽しみたいものです。
親鸞聖人は
「本願力にあひぬれば むなしくすぐるひとぞなき
功徳の宝海みちみちて 煩悩の濁水へだてなし」とお示しくださっています。
この南無阿弥陀仏にであったものは、阿弥陀如来さまによって救われると示されている。
つまり、お念仏に出遇えたものは、むなしく命終えるのではない、死んで終わるんじゃないよ!
お浄土に生まれ、仏となる命を生きているのです。これを往生浄土・往生即成仏と言われます。
阿弥陀如来さまは、この私の生老病死を抱える煩悩まみれの私を抱きとり、
けっして見捨てない親様です。老いようとも、病になろうとも、私を守ってくださいます。
それだけではありません。生まれてきた命も、不慮の事故であろうとも、一瞬足りとも
この救いから漏れるものはありません。
どんな命でも、むなしく過ごす命ではありませんでした。
この命、最後の最後まで、仏にならせていただく命でありました。
人生は一度限りです。老病死に打ち勝った人は聞いたことはありません。
老病死に捕まり後悔する人生を送るのか。
老病死になろうとも、この命、無駄な命ではなかったと先哲の教えに信順していくかは
早い時から向き合うべき問題であると思います。

-法話

Copyright© 専明寺(下松市)浄土真宗 , 2019 All Rights Reserved.