覩見諸仏浄土因  国土人天之善悪

意訳「仏がたの浄土の成り立ちや、その国土や人間や神々の善し悪しをご覧になって」
書き下し「諸仏の浄土の因、国土人天の善悪を覩見して」
阿弥陀仏が法蔵菩薩であった頃の話になります。
法蔵菩薩が世自在王仏の元で、たくさんの浄土の成り立ちや、
その国土に住む方々の善し悪しをご覧になります。
仏教では、一神教ではありません。計り知れないほどの仏様がいて、
その数だけ仏の浄土も計り知れないほどあると考えます。その中で、
法蔵菩薩はこの上ないさとりをひらくために、すべての諸仏の浄土をご覧になります。
「覩」とは、よく見る。目をとどめてはっきり見ることを表し、細かに観察することを
意味します。「覩見」と「よく見る」と「みる」という言葉を重ねて使われることによって、
全ての諸仏の国土・人間のあらゆる苦悩や悩み、罪業をもすべて見とおすことを表しています。
私がこの世の中を見る視点は、ただ一つであります。どれだけ客観的に物事を見つめよう
とも、私の価値感の中でしか物事を見ることは出来ません。
自分の価値判断、知識の上で物事を判断することが、絶対的に正しいと思い込んでしまい、
自分以上の視野が見られなければ、それは暗闇の世界に独り留まってしまうことと同じ
ことでしょう。私一人の「見る」世界で、得た(知識・善悪・価値基準・役に立つ役に立たない)
ものは、所詮そのようなものなのです。
自分が暗闇の中にいることも気づかなかった私が、阿弥陀様の御光に出会えて、
初めて自分の価値感の真価をとわれるのであります。
絶対的に正しいと思っていた自分の視点が、大きな存在からの視点に触れること
によって、改めて自分を省みることができるのではないでしょうか。
(難しくなります)
法蔵菩薩は、いくつ浄土をご覧になられたのでしょうか?
正依(しょえ)の経典である『大経』には、諸仏浄土の数は210億あるとあり、
法蔵菩薩は、その全ての浄土の成り立ちや、そこに住む人天の善悪をご覧に
なられたと説かれています。
210億という数字は、人間の思議を超えた計り知れないことを表しています。
それだけ多くの世界をみなければ、救われがたい人間であり、すべての人を
救うには、210億の浄土をご覧になっても、阿弥陀様にとって、十方衆生が
救われる教えがなかったことをあらわしています。

-正信偈

© 2021 専明寺(下松市)浄土真宗