帰三宝偈

更新日:

聞き慣れないお経の名前ですね。けれども、浄土真宗のお葬儀に参列された方なら聞いたことあるはずです。
浄土真宗本願寺派では「帰三宝偈」(きさんぼうげ)と言い、
真宗大谷派では「観衆偈」と言います。この二つの違いについては、また今度。
それでは原文と書き下し文と現代語訳を見ていきましょう。
そもそも、帰三宝偈とは

帰三宝偈(観衆偈)
原文・読み方
書き下し文現代語訳
1道俗時衆等道俗の時衆等出家した僧侶であっても、またそうでない者でも、すべての人々よ
どうぞくじしゅとう
2各発無上心おのおの無上心を発せおのおの無上の信心をおこしなさい
かくほつむじょうしん
3生死甚難厭生死はなはだ厭ひがたく生まれ死ぬことを、避け嫌うことによって
しょうじじんなんねん
4仏法復難欣仏法また欣ひがたしまた仏法はあい難いものである
ぶっぽうぶなんごん
5共発金剛志ともに金剛の志を発してともにゆるぎない金剛の信心をおこして
ぐほつこんごうし
6横超断四流横に四流を超断すべしよこさまな迷いの世界を断ち切り
おうちょうだんしる
7願入弥陀界弥陀界に入らんと願じて弥陀の浄土に行くことを願って
がんにゅうみだかい
8帰依合掌礼帰依し合掌し礼したてまつれ我が身を任せ信じ合掌・礼拝せよ
きえがっしょうらい
9世尊我一心世尊、われ一心に世尊、私は一心に
せそんがいっしん
10帰命尽十方尽十方の~~~~帰命したてまつる十方世界の
きみょうじんじっぽう※帰命は後ほど出てくる
11法性真如海法性真如海と法性真如海
ほっしょうしんにょかい
12報化等諸仏報化等の諸仏と報身・化身などの諸仏と
ほうけとうしょぶつ
13一一菩薩身一々の菩薩身と一々の菩薩身と
いついちぼさつしん
14眷属等無量眷属等の無量なると縁ある方々等の無量の
けんぞくとうむりょう
15荘厳及変化荘厳および変化と荘厳および変化と
しょうごんぎゅうへんげ
16十地三賢海十地と三賢海と十地ならびに凡夫の人々と
じゅうじさんげんかい
17時劫満未満時劫の満と未満と時劫の満ちたものと満たないもの
じこうまんみまん
18智行円未円智行の円と未円と智行がまどかなものと、まどかでないもの
ちぎょうえんみえん
19正使尽未尽正使の尽と未尽と煩悩の尽きたものと尽きないもの
しょうじじんみじん
20習気亡未亡習気の亡と未亡と煩悩の正体である正使がなくなっても残る習慣の気が亡くなったものと、亡くならないもの
じゅっけもうみもう
21功用無功用功用と無功用と有功用のものと無功用のもの
くゆうむくゆう
22証智未証智証智と未証智と悟ったものと、いまだ悟っていないものと
しょうちみしょうち
23妙覚及等覚妙覚および等覚の妙覚や等覚といったすでにさとりに近い存在の方でも
みょうがくぎゅうとうがく
24正受金剛心まさしく金剛心を受けまさしくゆるがない阿弥陀様の智慧のはたらきによって
しょうじゅこんごうしん
25相応一念後相応する一念の後それらのはたらきが一念として届いた後には
そうおういちねんご
26果徳涅槃者果徳涅槃のものに帰命したてまつる果徳涅槃であるものに帰依したてまつれ
かとくねはんしゃ
27我等咸帰命われらことごとくわれらのごとく
がとうげんきみょう
28三仏菩提尊三仏菩提の尊に帰命したてまつる三仏菩提に帰依したてまつる
さんぶつぼだいそん
29無礙神通力無礙の神通力をもつて何ものにも妨げられることのない神通力によって
むげじんずうりき
30冥加願摂受冥に加して願はくは摂受したまへ願わくは冥衆に加護して摂めたまえ
みょうががんしょうじゅ
31我等咸帰命われらことごとくわれらのごとく
がとうげんきみょう
32三乗等賢聖三乗等の賢聖の三乗などの賢聖の
さんじょうとうげんしょう
33学仏大悲心仏の大悲心を学して仏になる大悲を学して
がくぶつだいひしん
34長時無退者長時に退することなきものに帰命したてまつるその尊い位から転じ落ちることのない方に帰依したてまつる
じょうじむたいしゃ
35請願遥加備請ひ願はくははるかに加備したまへ請い願わくば遥かに加護し
しょうがんようかび
36念念見諸仏念々に諸仏を見たてまつらん念々に諸仏をみせしめたまえ
ねんねんけんしょうぶつ
37我等愚痴身われら愚痴の身我ら愚かな凡夫の身であれば
がとうぐちしん
38曠劫来流転曠劫よりこのかた流転して長い長い昔から迷いを続け地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間界・天界を輪廻してきた
こうごうらいるてん
39今逢釈迦仏いま釈迦仏の今、釈迦牟尼仏の
こんぶしゃかぶつ
40末法之遺跡末法の遺跡たる末法といわれる正しい修行者や悟りの者がこの世にいない現代に残された
まっぽうしゆいしゃく
41弥陀本誓願弥陀の本誓願阿弥陀如来の本願
みだほんぜいがん
42極楽之要門極楽の要門に逢へりこれだけが極楽浄土に入ることが出来るたった一つの方法に逢えた
ごくらくしようもん
43定散等廻向定散等しく回向して定善・散善をひとしく廻向して
じょうさんとうえこう
44速証無生身すみやかに無生の身を証せんすみやかに無生の身をさとる
そくしょうむしょうしん
45我依菩薩蔵われ菩薩蔵われは菩薩蔵であり
がえぼさつぞう
46頓教一乗海頓教、一乗海によりて頓教である一乗の教えによって
とんぎょういちじょうかい
47説偈帰三宝偈を説きて三宝に帰して偈をつくり、三宝に帰依したてまつり
せつげきさんぼう
48与仏心相応仏心と相応せん仏様のお心と相応し
よぶつしんそうおう
49十方恒沙仏十方恒沙の仏十方恒沙の数限りない仏たち
じっぽうごうじゃぶつ
50六通照知我六通をもつてわれを照知したまへ六神通をもってわれを照覧したまえ
ろくつうしょうちが
51今乗二尊教いま二尊(釈尊・阿弥陀仏)の教に乗じて今、釈迦・弥陀二尊の教によって
こんじょうにそんぎょう
52広開浄土門広く浄土の門を開く広く浄土の法門を明らかにする
こうかいじょうどもん
53願以此功徳願はくはこの功徳をもつて願わくはこの尊い功徳をもって
がんにしくどく
54平等施一切平等に一切に施しすべての人々に与え施し
びょうどうせいいっさい
55同発菩提心同じく菩提心を発してもろともに信心をおこして
どうほつぼだいしん
56往生安楽国安楽国に往生せん安楽国に往生しよう
おうじょうあんらっこく

最後にある
願以此功徳(がんにしくどく)
平等施一切(びょうどうせいいっさい)
同発菩提心(どうほつぼだいしん)
往生安楽国(おうじょうあんらっこく)
これらは、「正信偈」「讃仏偈」「重誓偈」「阿弥陀経」でも最後の一節に登場します。
すべてのお経の最後には、この善導大師の『観経疏』の言葉が引用されていたということが分かります。
「帰三宝偈」とは、聞き慣れないお経だと思いますが、こんなに身近なお経だったとは驚きですね。

-帰三宝偈

Copyright© 専明寺(下松市)浄土真宗 , 2019 All Rights Reserved.