王貞治さんの話【365日法話】

投稿日:

今日は何の日かご存じですか??私の誕生日ではありません。
今日は、国民栄誉賞の日なんです。
1977年のこの日、2日前の93日に通算ホームラン数の世界最高記録を作った王貞治が、
日本初の国民栄誉賞を受賞した。国民栄誉賞とは、前人未到の偉業を成し遂げ、多くの国民
から敬愛され、夢と希望を与えた人に贈られる賞である。そのホームラン記録は、868本です。
実に1年で40本を打つことを20年続けても追いつけないのですから、その記録の凄さが分かります。
その王さんが、引退する時に言った言葉をご存知でしょうか。
「王貞治としてのバッティングができなくなった」
これが引退の際に残された言葉です。
世界記録ともなれば、プレッシャーもあったことでしょう。
22年間の現役生活から開放された瞬間とも言えるでしょう。
そうして、現役を引退してからは、監督に就任されるわけですが、
今度は育てる側に回られたのです。やはりこれも大変有り難いことであります。
ずっと現役で働き続けることはできません。それは誰もが頭の中で分かっていることでしょう。
けれどもいざ自分の順番となると、もう少し出来ないかと色んなことを考えるものじゃないですか。
命終えて行くということも、似ているように思います。やがて命終えることは頭で分かっていても、
身体がついてこなくなります。やがて終える命を前に、自分はどうなってしまうのだろうか・・・
それは、仏となり、今度は仏の仕事が忙しくなるのです。この世界に残していった大切な人々を導く
尊い存在へと変わるのです。
親鸞聖人のお言葉に(『教行信証』証巻)
還相の回向といふは、すなはちこれ利他教化地の益なり。すなはちこれ必至補処の願(第二十二願)
より出でたり。また一生補処の願と名づく。また還相回向の願と名づくべきなり。
とあります。往生浄土とは、浄土(仏国土)に往き生まれることです。最後の一歩のさきには、
このお浄土があるのですが、そこに留まることはありません。今度は還来穢国といって、
この世界(穢国・けがれの世界)に還って来て、人々を導いていくというのです。王貞治さんも
超一流の選手でありましたが、一人で一流になったのではありません。やはり周りに導いてくれた
お育てくれた方々がいらしゃったのでしょう。そして、自分も引退してから、残された人々を支え
導く人格者であり続けたことでしょう。
私のいのちも、やがては仏となる命でありました。

-法話

Copyright© 専明寺(下松市)浄土真宗 , 2019 All Rights Reserved.